緊急の日本の総合リゾート部門で重要なビジネスチャンスを狙うゲーム団体は、2月7日水曜日、ICE London(午前8:30〜午前10:00、N5-260)でネットワーキング・ブレックファーストに参加するよう招待されています。ジャパンネットワーキングの朝食は、Melco Resorts&Entertainmentのローレンス・ホー(Lawrence Ho)会長兼CEOをはじめ、数多くの業界リーダーの支持を得ている2018年日本ゲーム会議(JgC)を前に、Clarion Gamingによって企画されています。

ネットワーキングの朝食とそれに続くJgC(5月10-11日、The Conrad、東京)は、市場に出ているステークホルダーとプレーヤーが会う機会を提供し、ネットワークを構築し、議論することを可能にするためにClarionによって作成されました。

クラリオン・ゲーミングのイベントディレクター、ロリー・クレイドランド氏は、「現在の日本の現状では、6月にゲーム法案が出され、多数のライセンスが発行される可能性があり、その過程で最も重要な管轄区域世界のゲームで。

JgCは、法案の背景にある都道府県や意思決定者と会い、どのような形や形でプレビューがリリースされていないことを考えれば、法案がどのように見えるかについての真の洞察を得るための代表団のためのプラットフォームを提供する。これは、ICEロンドンで日本ネットワーキング・ブレックファーストを開催し、代表者が意見や意見を共有するプラットフォームを提供するとともに、MayのJgCについてもっと学ぶことができて興奮しています」

JgCの2017年版は、日本で開催された最大のイベントで、国内外の代表者が集まりました。 Clarionは、Galaxy Entertainment、Melco Resorts Entertainment、MGM Resorts、SJM Holdings Macau、Transact、JCM Global、AGEM、Clairvestなどの主要スポンサーによる2018年のイベントへのサポートの増加を確認しました。

Melco Resorts&Entertainmentのローレンス・ホー会長兼CEOは、JGCの第3版について、「日本のIRは投資の現実に近づいているため、日本のゲーム会議に参加するのにもっとエキサイティングな時期はありませんでした。この重要なフォーラムに戻り、地域のビジネスパートナーや業界との対話を深め、日本のエンターテインメントの未来を先導することができて非常に喜んでいます。

日本ネットワーキング・ブレックファーストに参加したい参加者は、ウェブサイトでRSVPに問い合わせてください。